ケアマネージャーに転職したいときに必要なこと

ケアマネージャーになって介護業界で活躍したいと考えたらどのような手順で行うのが良いのでしょうか。転職して働けるようになるまでにはどのような仕事かをよく調べることから始めて十分な準備をするのが重要になります。

自分の適性を考えるのが必須

ケアマネージャーに転職するときには自分の適性について考えるのが最も大切です。

これまで現場で介護の仕事に従事している間にケアマネージャーがどのような仕事をしているかを目の当たりにしていて、自分にとって適職だと考えていたのならほぼ問題はありません。

しかし、給料の高さなどの待遇面に目を向けて選ぶと自分に合っていない仕事だと気づいてしまう場合もあります。ケアマネージャーの仕事はケアプランの作成の管理が主なものです。利用者である高齢者が何を希望しているのかに必死に耳を傾けて、それに適したケアプランを作成するのが最も重要な業務になります。

そのためには高齢者との高いコミュニケーション能力が欠かせません。高齢者とじっくりと話をして要望を聞くことを楽しみと思える気持ちが必要になります。

また、ケアマネージャーの仕事として書類処理が多いのも特徴なので、パソコンやスマートフォンなどを使って手際良く書類の記入や送付などを行える人には適職です。このような二つの角度から自分に適性があってやりがいも感じられるかを考えておくことが重要と言えます。

資格を取得することも必要

ケアマネージャーに転職するためには資格を取得しなければなりません。ケアマネージャーの資格は試験に合格して研修を受講することにより取得できるという形になっています。受験資格を獲得するには医療や介護、福祉などに関わる国家資格を取得していて実務の経験を5年以上持っていること、あるいは生活相談員などの相談援助業務に5年以上従事してきていることが必要です。

このため、ケアマネージャーを目指すときには介護福祉士などの国家資格を取得するか相談援助業務に従事してキャリアを作らなければなりません。

そして、試験対策をして合格し、さらに実務研修を行った上でケアマネージャーとして登録できます。試験への出願から登録までの期間だけでも一年ほどかかるので計画的にキャリアの構築と試験勉強を行っていくことが肝心です。通信講座などもあるので仕事をしながら勉強をするのも簡単になってきています。

将来のキャリアパスを考えて転職

将来性についてもよく考えて転職した方がいいでしょう。ケアマネージャーの需要は確かに伸びている状況があり、介護保険制度の改正によってほとんどの介護現場で重宝されています。資格の取得者が徐々に増えてきていることから働き手は増えてきていますが、介護施設側の立場から考えると同じケアマネージャーに働き続けてもらった方がケアプランの一貫性が確保できるので効率的です。

そのため、正社員として採用されたら基本的には終身で働き続けることができます。

しかし、資格を取得して同じ現場で働いていても給料が上がりにくいことが多く、キャリアを作ったら転職するという方針を取った方が年収を上げやすいのは確かです。転職には労力がかかるのも確かなので、どのタイミングで転職するかを計画的に考えておくことが重要になります。待遇が良くて人気の高い介護施設で最終的に働けるようにするために別の介護現場で経験を積み、適齢期を逃さないようにして転職するという考え方は賢明です。

独立することもできるケアマネージャー

介護業界で大きな仕事をしたいと考えたら独立して起業するという選択肢もあります。ケアプランを作成するスキルを持っているケアマネージャーは独立して自分自身で事業を展開していくのには有利です。介護に対して自分なりの考え方を持っていたり、今まで働いてきた職場での介護業務や介護方針に疑問を抱いていたりする人は独立して事業を展開することも考慮すると良いと言えます。

ケアマネージャーとして働いていると介護施設の全体を見回すことができるため、仕事を通して問題点に気づきやすいというメリットがあり、事業を起こして成功できる方針を見つけられる可能性が高いのが特徴です。いくつかの職場を経験していると比較もできて、業界全体で問題となっていることは何かを把握しやすくなります。独立することを想定して職場を転々とするのも将来計画としては優れているのです。

準備ができたら転職へ

ケアマネージャーになりたいと考えたら、自分のコミュニケーション能力や書類処理能力を考えて適性があってやりがいを持って働けるかを検討するのがまず重要になります。ケアマネージャーになるには資格の取得が必要であり、計画的にキャリアの構築と試験勉強を行わなければならないからです。適職だからケアマネージャーになろうと決意したら、次に重要なのがキャリアパスを考えることであり、安定して同じ職場で働くか転職で給料を増やしていくのを目指すかを決めておくことが大切と言えます。

独立して介護業界に新しいタイプの介護施設を作ることもできるのでキャリアパスの一つとして考慮しましょう。