ケアマネージャーの転職いろいろなパターン

ケアマネージャーの転職いろいろなパターン

ケアマネージャーとして転職する方には、未経験、経験者のほか、施設で働くか居宅にするか、悩まれている方も多いのではいないでしょうか。

同じケアマネージャーとはいえ、仕事内容や転職するときのコツもおのおの違いがあります。

気をつけるべき点をご紹介いたしましょう。

ケアマネージャー転職先は施設か在宅か

介護業界は常に人手不足で、求人がいつでもたくさんある状態ですが、その中でケアマネージャーだけは飽和状態にあり、一時あまり求人はありませんでした。

ところが、以前はケアマネが一番の高級取りで楽な仕事のイメージが強かったのですが、今は処遇改善手当のつく現場のほうが給料が高かったり、なかなか儲からない介護報酬であることや仕事内容が過酷なことから、資格は持っているがケアマネをしない人も増え、以前のような人気職種ではなくなりました。

そのため、また少しづつ求人が出るようになってきているようです。

ケアマネージャーとして転職する際には、まずは施設を選ぶか居宅を選ぶかを決めなくてはなりません。

この二つの仕事内容はまったく違います。

施設ケアマネは、特養などの介護施設のほか、有料老人ホーム、グループホーム等に配置されます。一施設に一人のところもあれば、何人かに一人つくところもあります。この施設ケアマネは、人員配置として必ず必要なのですが、実際は現場の仕事を手伝うことも多く、当直があったりもします。施設によっては早出や遅出も出るところがあるようです。

昨今増えているサービス付き高齢者住宅や住宅型有料老人ホームのケアマネは、居宅ケアマネに位置づけられます。

居宅ケアマネは、居宅介護支援事業所で働く、在宅利用者のためのケアマネです。仕事内容は多岐に渡り、介護保険を網羅する知識が必要です。

未経験から施設ケアマネージャーに転職する場合

ケアマネージャーは未経験でも、この資格を取った以上は必ず元職があり、医療もしくは介護の現場で実務経験を積んでいる人がほとんどです。

もし、介護の現場、特に施設での経験を積んでからケアマネの資格を取り、施設ケアマネになりたいということであれば、そう難しい話ではないでしょう。

前述のとおり、施設ケアマネは介護保険の知識というより、現場の知識のほうが求められます。高齢者が好きで介護が好き、現場の仕事が苦にならなければ楽しく働けると思います。

しかしながら、処遇改善加算の関係から、最近は施設の介護職員より施設ケアマネのほうが給与面では低いことも増えてきています。現場の仕事もしてケアマネの責任も負わなくてはいけないのに給料が安いということで、少し人気がなくなっているようです。

施設ケアマネへの転職は、ケアマネ業務未経験でもまったく問題ないでしょう。

未経験から居宅ケアマネージャーに転職する場合

居宅のケアマネは、非常に仕事内容が複雑です。

介護保険の申請や認定調査など、役所に関係する知識も必要ですし、介護保険の質問にはいつでも答えられるくらいの知識が必要です。

また、求人の内容にもよりますが、例えば誰かが辞めるのでその利用者をそのまま引き継いでほしい、ということであれば、きちんとした土台があるはずですからそう難しい仕事内容はありません。未経験でも、引継ぎを受けながら現場で勉強しながら問題なく働くことができるでしょう。

しかしながらそうではなく、新規の事業所を立ち上げるための求人です。

ケアマネ事業所単独ではなかなか儲けが出ませんから、ほとんどの場合は訪問介護や訪問看護など、併設している事業所が存在します。

そこに利用者を斡旋することが併設ケアマネの大きな目的であることが多く、まったくの新規でこれから、というところであれば、ほとんどの場合が利用者獲得の営業も大切な仕事になります。

もちろん営業が好きならそれでもまったく問題はないのですが、未経験で営業もかねてのケアマネ、となるとなかなか大変なので、欠員補充かどうかは確認してから応募することをおすすめします。

非常に知識が必要な職種ですので、経験はあったほうがいいのですが、もし居宅ケアマネがどうしてもしたいなら、資格を取ってすぐ、まだいろいろな知識が入っている時期がいいでしょう。

介護保険はまめに改正し、ころころ法律が変わりますので、未経験なら研修が終わってすぐ転職をしないと、時間が開けば空くほど厳しくなってきます。

居宅ケアマネージャーから居宅ケアマネージャーに転職する場合

仕事内容はもちろん変わりありませんので問題ありません。

しかし、転職前の利用者をどうするか、きちんとしておく必要があります。

例えば前事業所が廃業か何かで閉鎖し、次のところが全く利用者がいない場合でしたら、そのまま自分が担当することにそう問題はないでしょう。

ところが、閉鎖をしてしまうが次に働くところは欠員補充で、もう利用者を受け入れられない場合。これは必ずすべての利用者に後任のケアマネを見つけないといけません。でないと、利用者が介護サービスを受けられないからです。

逆に、前職のところは他のケアマネが利用者を担当するが、利用者が次の事業所でこのまま自分に担当してほしいとなったり、次のところに勝手に連れて行く形を取ると、もめることが多くなります。

もちろん誰をケアマネにするかは利用者の自由ですが、本来は事業所が残っているならそこで誰かに担当してもらうことが正式な流れなので、利用者を連れて行く場合には、どちらの事業所にもきちんと話をし、筋を通しましょう。

施設でも居宅でも未経験でも経験者でも

以上のことから、ケアマネージャーで転職するには、まずは施設で働くか居宅で働くかを決め、居宅で未経験から働きたいのであればきちんとした知識や営業にでる心積もりもすること、経験があっての居宅間での転職であれば、今いる利用者が混乱したり宙に浮いたり、のちのち事業所間でもめないよう、辞める前にきちんと段取りを組みましょう。

ケアマネージャーは昨年より研修の回数も増え、働く気のない人以外は更新しなくなってきています。

以前ほどの人気はないですが、やはり決定権も多く、施設も居宅もやりがいは非常にある仕事です。

ぜひ、長く働いていただければと思います。