ケアマネージャーが派遣で働くのを選ぶ理由

ケアマネージャーが派遣で働くのを選ぶ理由

ケアマネージャーの資格を取得して働くときに派遣で働くのを選ぶ人がよく見かけられるようになってきています。正社員でも転職先はたくさんあるのに、あえて派遣で働いているのにはどのような理由があるのでしょうか。

ケアマネージャーは派遣で働きやすい

ケアマネージャーが派遣で働くのを選んでいる人がしばしば見かけられるのは、仕事の性質として派遣でも働きやすいからという点が挙げられます。

ケアプランの作成をするのが主な業務であり、基本的には高齢者やその家族との相談を通して適切な介護サービスをプランとして提供するのが実務です。どの施設で働いていたとしても、訪れてきた高齢者やその家族とじっくりと話をして最適なプランを考えるという点では違いはありません。

派遣で働くと派遣期間が満了したら次の職場を探して働くことになります。その際に新しい職場の仕事に慣れるのにあまり大きな苦労がありません。その介護施設で行われている介護サービスの内容を把握して、実施できるサービスの中から選んでケアプランを提案すれば良いからです。経験を積んでいくとすぐに職場で提供できるサービスの詳細を理解して適切なケアプランを考えられるようになります。

派遣で働き慣れた人ほど職場が変わることにストレスを感じることがなくなり、むしろ色々な職場で刺激を受けながら働けるのがやりがいになっていくことが多いのです。

ケアマネージャーが派遣会社に転職する二つの理由

ケアマネージャーになって働き始めるときには正社員を選ぶ人が多いのが実情です。

それからあえて転職して派遣会社に勤めることを選んでいる人が増えているのには二つの理由があります。

上級職であるケアマネージャーになるために資格を取得したにもかかわらず、あまり年収が上がらなくて給料に対する不満を持って転職したというのはよくあるパターンです。現場によっては仕事がかなり忙しくなるにもかかわらず、サービス残業になってしまうこともあります。給料に関しては派遣で働くと時給制になっていて明確なので長時間働いたらそれだけ収入が高くなるのが基本です。パートに比べて時給が高めになっていることが多いのも魅力になっています。

それに加えて残業についても介護施設側から命じられることはなく、サービス残業を強制されるようなことがあったら改善を求められる立場にあるのも特徴です。しっかりと働いた時間に見合った収入が得られる働き方になるのが派遣で働きたいと考える理由になっています。もう一つの理由が人間関係であり、同じ職場で働いていて人間関係を悪くしてしまって辛くなってしまうというケースは少なくありません。派遣で働いていると数ヶ月から一年程度の派遣期間になっていることが多く、もし人間関係で困ってしまっても少し我慢をすれば次の職場に移ることができます。このようなトラブル対策ができる点も着目されているのです。

紹介予定派遣が多いケアマネージャー

派遣で働くのを選んでいるケアマネージャーの中には将来的には正社員になろうと考えている人もいます。

自分が働きやすい職場を見つけてから正社員になりたいと考えると魅力的なのが紹介予定派遣です。紹介予定派遣は半年から一年程度は派遣で働いた後、面談を行って両者の合意が得られたら正社員で契約するという形の派遣方法としてよく活用されています。ケアマネージャーは紹介予定派遣の求人が比較的多いことからこのようなキャリアパスを選ぶのに適しているのが現状です。

介護現場でケアマネージャーとして優秀な人を雇用したいという声が上がっている状況が続いているからであり、ケアマネージャーにとっては理想の職場を探しやすい手段となっています。

仕事が安定しているから派遣も続けやすい

ケアマネージャーとして派遣で働き続けようという人も少なくありません。

派遣で働くと仕事が安定しないという話もないわけではありませんが、ケアマネージャーに関しては当面はその問題がないからです。人材が不足している介護業界の中でも上級職に当たるケアマネージャーは需要が特に高くなっているため、引く手あまたで仕事が不足してしまうことはほとんどありません。待遇が良くて勤務先も近く、職場の雰囲気も良いという理想的な求人を獲得し続けられるかどうかには運も影響しますが、仕事が見つからなくて生活に困ってしまうような心配はないのです。その観点から自由に働きやすい派遣を続けようと考えるケアマネージャーも多くなっています。

派遣を活用するメリットが多いケアマネージャー

派遣で働くのはケアマネージャーにとってはメリットが多く、正社員で働いているとよくある不満も解消することができます。給料も高めで正社員以上に稼いでいる派遣のケアマネージャーもいます。

様々な職場を転々としながらやりたい仕事ができて現場の雰囲気も良い介護施設を見つけられたら紹介予定派遣を受けて正社員になることも可能です。当面は仕事が安定していると期待できるのもケアマネージャーの魅力であり、自由に働きやすい派遣で働き続けても十分に収入を維持することができます。

このようなメリットを兼ね備えていることから派遣で働こうと考えるケアマネージャーが増えているのです。